漢字が書けない我が家の6年生へ~『小学漢字1026が5時間で覚えられる問題集』

子どもの学習

こんにちは、ももたろ。です。

小学6年生の息子のこと。
夏休み中の宿題での自由研究レポートにて、漢字が悲惨なほど書けないことを知りました。
6年生のテストで出題される漢字は書けるのですが、明らかに低学年のうちに習っている漢字が書けていません。

このまま小学校を卒業させるわけにはいきません。
親として!( ゚Д゚)

 

そんなときに探して与えてみたのが、
『小学漢字1026が5時間で覚えられる問題集』でした。

 

 

スポンサーリンク

『小学漢字1026が5時間で覚えられる問題集』

小学漢字1026が5時間で覚えられる問題集 [ 坂本七郎 ]

 

2019年度現在、小学校6年間で習う漢字は全部で1006文字です。
しかし、2020年度から実施される新学習指導要領では、「学年別漢字配当表」の改定が行われ、1026文字になるようですね。

このため、こちらの問題集でも1026文字の習得を目指しています。

 

 

それにしても、5時間で漢字1026文字が覚えられるって…???

 

 

5時間、脇目も振らず集中してやれば、出来る子はできるかもね?

 

 

…と、いったところでしょうか。
6年生になって習った漢字以外、ほぼ忘れ去ってしまった長男には無理です(笑)

脇目も振らず5時間も集中して漢字を勉強できる子なら、そもそも改めて過去に習った漢字を覚え直すまでもなく、全部とは言わなくともほとんどの漢字を書けているはず。

ですよね。

 

なので、5時間で小学漢字1026字が覚えられる魔法の本と思ってはダメです(゚∀゚)笑
覚えようとする努力、勉強する気持ちがまずは必要です。

そして少しのやる気があれば、1026字、きちんと覚えられるような内容の一冊だと思います。

 

 

スポンサーリンク

問題集の中身は?勉強の進め方

問題集の最初に、まずは漢字力判定テストがあって。
・入門編(小学1年~3年相当)
・初級編(小学4年相当)
・中級編(小学5年相当)
・上級編(小学6年相当)

と、いった各レベル。

それぞれ1つ5点の100点満点。
合格点は80点。

60点、、、40点、、、15点、、、、、
はぁ???( ゚Д゚)

最後の上級編はまだ習っていない漢字もありそうだからやめておく、と。
ええ、そうですね。入門編ですら60点ですもの。

 

はじめの点数はともかく、小学校卒業までに覚え直してね?

 

わかったー。
と、軽く返事をする長男。
(↑問題集を与えればやる子)

 

 

問題集の進め方。
流れは、

①1ページに10問の書き取りテストを1分間でやる。
②マル付けをして、間違えた漢字・分からなかった漢字を【暗記リスト】に赤ペンで書く。
③【暗記リスト】に書いた漢字を30秒で見て暗記する。
④もう一度、1分間テストをする。
⑤マル付けをする。
30秒見て暗記
1分間テスト。
⑧マル付け。

全問正解するまで繰り返し行います。

もちろん、1回目に問題集に書き込みをしてしまっているので、2回目以降の1分間テストはノートや別紙を使ってやります。

この問題集では『書く』のではなく『暗記』で漢字を覚えさせます。
ただ、『暗記』でとは言いますが、実際には1分間テスト及びマル付けで漢字を『書く』こともしているので、頭にも入りやすいのかもしれません。

分からなかった漢字だけを書くので、無駄な時間がないとも言えます。

 

1ページずつ、語彙力アップメモがあって、漢字単体で覚えるのではなく、言葉としてそれがどういう意味なのかも説明してくれているので、子どもには分かりやすいですね。

また、間違えやすい漢字の筆順チェックも記載されています。

 

 

 

スポンサーリンク

問題集は分かりやすい?勉強を進めやすい?

さて、問題集を進めていくと、やはり低学年で習う漢字も分かっていないことが明らかになった長男ですが、この問題集をやり始めてから漢字を覚えるのが楽しくなってきた様子。

 

基本的に、勉強は嫌いではありません。
ただ、全般的に『国語』が苦手です。

以前も国語力のことを記事にしましたが。
日本人でありながら国語が出来ないのは由々しき事態です。

 

 

 

しかしそんな苦手な漢字を、楽しいと思えるくらいにはなったようです。

もともと『時間制限』が絡むと異常なまでのヤル気を発揮させる長男。
「~分以内に○○をせよ」という指令が大好物です。

そんなわけで、我が家の長男にはとても合った問題集だと思われました。

 

長男曰く、

「これ、他の教科にも応用できそうだよね」

 

分かっている漢字だったり英単語だったりを何度も書く練習をするよりも、分からないものだけをピックアップして覚えるのって時短でいいですよね。

 

他の教科で同じ問題集ってないのかな?
と長男がいうので探してみましたが、漢字オンリーでしたね(;’∀’)

 

もっと漢字を覚えたいなら、中学受験漢字1560ならありますよ。

 

どうやら漢字をどんどん覚えるのが楽しくなってきた長男。

もっと漢字の勉強したいから買っておいて!
…だ、そうです。

 

ヤル気になってもらえたのは良かったです。
きちんと最後までやり通してくれればいいなと思いながら。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

小学6年生の子どもに、卒業までに復習・確認しておいてほしいとの思いでたどり着いた問題集。

今やパソコンひとつ、スマホひとつあれば簡単に検索・変換ができてしまう漢字ですが、常用漢字くらいは大人になるまでにきちんと身につけていてほしいと願います。

 

 

小学漢字1026が5時間で覚えられる問題集 [ 坂本七郎 ]

出る順「中学受験」漢字1560が7時間で覚えられる問題集 [さかもと式]見るだけ暗記法 [ 坂本七郎 ]

 

 

 

 

profile
この記事を書いたのはこんな人
ももたろ。

男の子3兄弟を育児中のアラフォー母です(*'▽')

1年365日。日々をまったり過ごしたい、のんびり生きたい。
実際はバタバタですが、いつかきっと。

ももたろ。をフォローする
子どもの学習
スポンサーリンク
ももたろ。をフォローする
あしたは、あした。

コメント